読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayurveda salon Kaumudi(カウムディー)のブログ

アーユルヴェーダトリートメントとカウンセリングのサロン、Kaumudi(カウムディー)のブログです。ホームページはこちらhttp://salonkaumudi.wixsite.com/tsukiakari

睡眠時無呼吸と肥満の解消

その他 生活法 食事法

「睡眠時無呼吸」をテーマにお話をする機会をいただきました。

興味深いので、自分のまとめとして記録しておきます♪

 

**********

 

睡眠時無呼吸症候群(sleep apnea syndrome:SAS)。

お父さんがソファで大きないびきをかきながら寝てしまっていて、静かになったと思ったら息をしていなく、10秒くらいしたらまたいびきをかき始める、あれです。

周りで聞いているほうは、息が止まっているので本気で心配になりますが、本人は無自覚のことが多いです。

正確には、睡眠中の本人は無自覚ですが、起床時に熟睡感が無い、日中活動しているときの身体のだるさ、頭痛、眠気、注意散漫などの自覚症状があります。

放置すると、高血圧や心疾患、脳血管障害、糖尿病、認知障害などが起こりやすく、 

日中の眠気や注意散漫での事故率は、健常者の7倍にもなるそうです。

 

********

 

睡眠時無呼吸が起きるメカニズムには、大きく2つあります。

ひとつは、脳にある呼吸中枢から指令が出なくなるもの(中枢性睡眠時無呼吸)。

ふたつめは、睡眠中にのどや気道がふさがってしまうタイプ(閉塞性睡眠時無呼吸)。

 

中枢性が問題になるのは数パーセントとのことで、原因の殆どはふたつめの閉塞性タイプなのですが、その引き金になるのは「肥満」が多いです。

 

**************

  

睡眠って何?といえば、

必ず覚醒することが前提にある、生理的な意識消失。とでも言えるでしょうか^^;

 

人は眠らないと死んでしまいます。必ず誰でも寝なくてはいけませんし、眠りの質はさておき、眠らずにはいられません。

 

「眠り」がなぜ必要なのか?については、実は最新の研究でもわかっていないらしいのですが、ラットや人間で「眠らせない」とどうなるのか?という事例があるそうです。

 

ラットは、不眠状態にして2週間で毛が抜けて、皮膚には潰瘍ができ、体重が減り、3~4週間で免疫機能が低下したために感染症で死んでしまったそうです。

 

人間では、不眠時間でギネスに挑戦した高校生がいるようで、264時間(11日)眠らない記録を作ったそうです。不眠2日目には目の焦点が合わなくなり、視力や立体感覚の低下、5日目に感情コントロールが難しくなり、思考や記憶や集中力などが低下。幻覚も現れ、話のまとまりがなくなり、指の震え、無表情、眼球がバラバラに動く、などが出てきたそうです。

 

深く眠ることや、睡眠時間を確保するというのは、疲労をとりのぞき、脳の機能を正常にし、感情を理性的に保ち、五感を正しく働かせ、強い免疫力で体を守る、

つまりは人間が人間らしく良く生きるためには不可欠なものです。

 

***********

 

 

通常はレム睡眠・ノンレム睡眠で知られる睡眠の深さの異なる波があり、深い深いノンレム睡眠中にストレスを消去したり、成長ホルモン(成長促進、細胞の修復、疲労回復、脂肪燃焼してくれる)が分泌されます。

睡眠時無呼吸は、途中で呼吸が止まっているので、深い睡眠に入ることができません。

 

肥満がもとになって睡眠時無呼吸になっていることにプラスして、深い睡眠で得られるストレス消去や細胞修復や脂肪の燃焼がおこなわれなければ、どんどん身体が老化してしまいます。

 

*************

 

睡眠無呼吸は、不眠と昼間の眠気(過眠)が同時に起こります。

睡眠中の自覚症状が無いので、自分で気が付けない場合は、昼間の眠気が病的ではないか?を自分で判断することは可能です。

エプワースの眠気テスト(リンク)という指標がありますので、試してみてはいかがでしょうか?

 

そして、自分でできる対策としては、なんといっても「肥満・メタボリックシンドロームの解消」

になります。

  

睡眠時無呼吸症候群のための専門外来もあります。

詳しい検査(中枢性のものとの判断など)をしたり、必要時にはマウススピースの作成や手術、症状が重い場合は呼吸器をつけるような治療をします。

しかしそれは対症療法なので、メタボリックシンドロームの改善を同時進行に行う場合が多いです。

 

 

アーユルヴェーダ的に考えると、閉塞型の睡眠時無呼吸は、スロータス(経路)の閉塞への対処が必要です。

睡眠障害ではありますが、一般的な不眠症の対策(ヴァータを鎮静させるもの)とは異なります。

詰まってしまった管をとおすように、のどや気道だけでなく、全身あちこちの詰まりを摂る必要があります。

肥満の解消は、そのうちの一つであり、目に見えやすく取り組みやすいものですね。

未消化物をなくすこと、昼寝をしないこと、運動をすること、お白湯をとること、しょうがをとること、粘着性を生む小麦や砂糖や乳製品の取りすぎを避けること、など日常生活でのカパとアーマの対策が必要になります。

 

おそらく、「アーユルヴェーダ的生活」と、食べ方のルールを守ることが、肥満解消の近道であり、それしかない道。

(病的な肥満の場合、消化の火が過剰になっているので、断食や急な食事制限をしてはいけません。消化力を正常にするため、食事の質や食べ方を変えます)

正しい生活に勝る治療は無いのだな~と、改めて実感です。

 

 

アーユルヴェーダサロンカウムディ セルフケア(リンク)

 

 

 

 

虫刺されの痕には、苦いたべもの。

その他 ビューティー

最近、虫に刺されて、赤く腫れて、内出血になりました。

かゆみや腫れが退いたら、黒っぽく色素沈着してしまいました。

 

同じ場所にいたのに、他の人よりもたくさん虫に刺される人っていますね。

いつもそんなに刺されないのに、なぜか今年は刺されるなーなんてことも。

 

虫に刺されやすい、刺されたら反応が強い(腫れたり痒くなったり赤くなったり)ときは、ラクタと呼ばれる、「血液組織」に相当するものが汚れてる、と考えます。

皮膚に異常が出るときは、ラクタに何か問題があり、ラクタをきれいにする対処をします。

血液組織が汚れている、という表現ですが、良くある中性脂肪とか尿酸とかそういう血家気検査の値が悪いという意味ではなく、代謝の段階で良いラクタが出来ていないという意味合いです。

ですので、消化力を高めること、良いラサ(ラクタの一つ前のもの)を作る食べ物を摂ること、血液をきれいにするものを摂ること、血液を汚すものを摂らないこと、を心がけていきます。

 

血液をきれいにするのには、苦い野菜が効きます。

今はちょうど春、苦味のある春野菜が出回ってきていますので、食べなくては…。

あと、お酒やお肉の食べすぎにも注意。お砂糖も炎症を起こすのでNG。

酸化した油もやめたほうがいいので、出来合いのものやコンビニ弁当も避けたほうが良いです。

こういう時の水分は、お茶やコーヒーなどの味のあるものではなく、お水かお白湯を取ります。水分をしっかり補って、老廃物の排泄を促します。

 

こうしてみると、食生活が乱れていたなあと反省。。。

 

 

それプラス、皮膚には甘草の薬用オイルを塗っています。

甘草のオイルには、傷跡のある皮膚をきれいにしてくれる作用がありますよ。

 

 

 

からだとこころのクッション材

オイルトリートメントは、自分の心と身体を守る、保護膜、クッション材のような役割もあります。

 

自分と、自分ではないものを隔てているのは、皮膚。

皮膚一枚隔てて内側は「私」の肉体ですし、外側は私ではないものになります。

皮膚は、暑さ寒さも調節してくれ、汗も出すし、汚れても洗えばきれいになるし、ウイルスや細菌からも守ってくれ、触覚があって痛いものや危ないものを避けることができるし、薄皮一枚で、身体を最前線で守ってくれるもの。

 

皮膚は薄いけれども、丈夫で強いほうがいいに決まっています。

そのために、オイルトリートメントが必要です。

 

乾燥してひび割れた皮膚では、防御率は下がります。

オイルマッサージを良く行っていて、潤った丈夫な皮膚は、新陳代謝も良く、少しの刺激や環境の変化には負け無くなります。

もちろん、そういう皮膚は見た目にも美しい。

オイルマッサージをして丈夫になった皮膚は、身体を守ってくれ、さらに美肌なのです✨

 

皮膚は全身を覆っています。

全身は触覚でおおわれていて、24時間何かの刺激にさらされています。

触覚はこころを生み出すのに直結していますから、

触覚が気持ちよければポジティブに、

触覚が不快であればネガティブに傾きます。

触覚が不快って、包丁で指を切ったとき、口内炎になったとき、蚊にあちこち刺されたとき、セーターがチクチク痒いときなどのこと。

嫌だな~という感情で重たい気分になりますよね。

 

 

オイルのマッサージは、全身の感覚器官が心地よさを感じ、

その時だけではなくその後も皮膚を強く守ってくれます。

怪我をしにくくなったり、少しの刺激には負けなくなります。

そして、触覚が気持ちよいという瞬間も、皮膚が丈夫になることも、こころがポジティブになるのに不可欠です。

 

オイルマッサージで、皮膚を鎮静させて気持ちよくさせるのは、ストレスに負けない身体とこころをつくるのに、とても良い方法ですよ!

 

 

 

 

 

「快適」は、代謝に良い。

体質 五感

ある夏の日。リビングに、夫婦が二人で過ごしています。

ピッタ体質の夫は暑がりで、エアコンの温度設定を下げました。

ヴァータ体質の妻は冷え性で、寒い!と言って、厚手の靴下を履き、カーディガンを羽織りました。

 

快適に感じる室温は、人によって違います。

ピッタ体質の暑がりの人が、暑さを感じたままでいれば、ピッタの要素が増えてしまい、代謝に問題が生じます。イライラして怒りっぽくなったり、皮膚が赤く炎症を起こしたりするかもしれません。暑いと不快なのです。

夫は快適さをもとめて、エアコンの温度を下げました。

 

ヴァータ体質の妻はもともと、冷たい性質を持っているので、夫ほど暑さは苦になりません。どちらかというと、クーラーで冷えて乾燥するのが苦手。ヴァータの要素を増やして、冷え性や肩こりや頭痛などが起こってしまいます。

寒いと不快な妻は、暖かくするために色々着こみました。

 

これは、どちらも「快適」を求めた結果です。

快適な環境にするということは、代謝を安定させることになります。

無意識にしている、自分にとっての心地よい環境づくりは、自分の体質にとって

ベストな代謝をするための環境だったりします。

暑い、寒い、乾燥、湿度などでどんな環境を好むのかは、自分の体質を知るのに良い判断材料になりますよ。

 

でも、ピッタ体質の人が、辛いものやしょっぱいものやお酒を沢山食べたり飲んだりして、クーラーをガンガンに効かせているのは、ちょっとちがいます。

ヴァータの人も、大好きなコーヒーを毎日飲んで、楽しい外出のスケジュールを詰め込んで、疲れが取れないと言ってるのも何か違う。

 

快適と不快を感じ取るのは、「五感」です。

この五感、本当に快適なもの、有益なものを間違って判断してしまうことがあります。

一番間違えやすいのは、味覚。嗜好品や味の濃いものなど、刺激の強いものに慣れてしまって、それが「快適」だとして、脳が判断を誤るのです。

 

五感の調子を整えておくことは、五感から受けた刺激を、脳で正しく判断させて、代謝を乱さないことと直結します。

五感を整えるのに必要なのは、代謝にとって無益な情報を取り入れないこと。

刺激の強すぎる味、作って時間のたちすぎた食べ物、暴力的な映像、うるさすぎる音、不快な肌触りや痛みのあるもの、などなど、沢山沢山あります。

五感を使いすぎたり、間違った刺激を得たり、使わなすぎたりするのが、五感からの代謝を損ねることになります。

 

食べものや、生活のしかたを整えて、正しい「快適」を感じ取る身体を作りましょうね♪

そして、オイルトリートメントは、五感も五感から入ってきた思考もスッキリデトックスさせます。

定期的に全身をデトックスして、五感を冴えわたらせておきましょう!

 

アーユルヴェーダサロン カウムディー :メニュー

 

眠りと、体質と、シーツの肌触り。

体質

体質によって、睡眠にも特徴があります。

 

ヴァータさんは、不眠気味。眠れない、熟睡できない、夢をよく見る、途中で目が覚める。

ピッタさんは、眠るのがもったいないと思う。睡眠を削ってしたいことをする。結果短眠傾向。

カパさんは寝るの大好き、隙あらば寝る、どこでも眠れる、睡眠時間が長い。むしろ寝すぎに注意。

 

アーユルヴェーダで、睡眠は「生命の補助的な支柱」という位置づけです。

支柱ですから、もしなくなったり弱くなったりしたら、生命が倒れてしまいます。

良い状態の眠りはとても大切なことで、幸福も発育も成長も体力も精力も知識も命も、

適切な睡眠で得られるといわれています。

 

眠りは、思考や五感が疲れて、考えたり感じたりすることから心と身体が離れていくことで起こります。

眠りにくい時というのは、考えたり感じ取ったりすることからなかなか離れることができない場合です。

 

腹の立つことがあって、ずっと考えていてイライラして眠れないとか、

明日の旅行が楽しみすぎて興奮して眠れないとか、

虫刺されが痒すぎて眠れないとか、

突発的な理由があって、思考や五感から離れられずに、眠れない経験は誰でもあるはず。

 

そうではなくて、いつも熟睡できない、寝た感じがしない、寝ても怠い、という場合、

体質が関係していることがあります。

 

 

体質別に適切な眠りをとる方法の一つとして、「シーツ(寝具)」に注目。

眠りやすくするためのお助けになるかもしれません!

 

ヴァータさんは、眠れない率が高いですが、休憩をある程度とらないと、体力的にもバテてしまいやすい人です。できれば睡眠時間は8時間は確保したいところです。

眠れていなくても、8時間は横になっていたほうがいい。

そんなヴァータさんにおススメなのは、「柔らか、暖かい、ふわふわ、少しの重み」です。

ヴァータさんを眠れなくさせる、ザラザラ・カサカサ・ゴツゴツ・冷えといった要素を、シーツや布団の肌触りでカバー。上掛けは少し重みのあるほうが落ち着きます。

暖かく柔らかく布団にくるんでもらって、ゆっくり休みましょう。

 

ピッタさんは、肌触りや香りが重要。眠ることを後回しにしがちですが、「眠る」という行為自体をゴージャスに有意義にしましょう。7時間は眠りたいです。

シルクのパジャマを使ってみたり、リネン用香水やラベンダーやローズなどのエッセンシャルオイルを使うのもおすすめです。

寝具の肌触りは柔らかく、さらさらして、熱がこもらないように涼しくするのがポイントです。

ピッタさんは、眠るときすら美しく。

 

カパさんは、基本寝ることに困りません。どこでもどんな環境でも案外眠れる。

逆に眠りすぎて、朝起きても体が重怠い、ということもあります。

カパさんは、過眠対策のほうが必要なことがあります。

6~7時間、熟睡するのを目指しましょう。

カパさんは、元々油質でしっとり安定感があるので、眠りでそれが助長されます。ですので、固さやザラザラ感のある寝具で中和させましょう。

ホテルのようにパリッとした硬いシーツ、麻素材などサラサラして少しごわつきのある枕カバーや布団カバーなどがおススメです。

敷布団も、硬めの素材や厚みが薄いものが良いです。

寝すぎて重くなることが無く、目覚めがスッキリしますよ!

 

 

体質別、良い眠りにするための寝具選びでした。

 

 

 

 

体質を動物に例えたら。

体質

アーユルヴェーダで言う「体質」は、ヴァータ(風)、ピッタ(火)、カパ(水)の3種類の要素に分けられますが、

ヴァータだけ!とかピッタだけ!ということはありません。

誰でも3種類が混ざり合っていて、その中のどれが目立っているか?によって

出てくる特徴が違ってきます。

 

一人の人間でも、特徴ってたくさんあります。

皮膚は赤味があって湿疹が出やすいからピッタが強め、

声は生まれつきカサカサ、とってもおしゃべりでお友達が沢山、その部分はヴァータっぽい、

のように身体や行動やこころの特徴で、目立っていたり、本人がつらくなってきた症状によって、「今現在はこの要素が強いな~」というように判断します。

 

生まれつきの声がカサカサで困ってなければいいのですけれど、喋りすぎたりして急にカサカサになって喉が痛いのであれば、声カサカサの原因のヴァータを鎮めなければ。

 

体質の見極めは、簡単にはできません。

とくに、生まれつきの体質と、今現在の体質って違ってきていることもあります。

アーユルヴェーダで整えたいのは、今現在乱れてしまっている要素の部分です。

 

 

************

 

先日、5年近く学んでいるアーユルヴェーダスクールの卒業試験がありました。

そのテストに、古典から面白い問題が出ました。

それぞれの体質は、動物に例えたらどんなものに似ているのか?という記述からのものです^^

 

ヴァータさんは、イヌ、ジャッカル、らくだ、はげたか、ねずみ、からす

ピッタさんは、トラ、くま、さる、猫

カパさんは、ハクチョウ、白い象、ライオン、馬、雄牛、神話に出てくる神様たち

に似た性質と行動をするんだそうですよ!

 

ヴァータさんは、良く動き回って、キョロキョロ見渡して、素早くて、・・・ という感じ。(らくだ、は、ざらざらして乾燥してるところがヴァータだそうです)

ピッタさんは、眼光鋭くて、頭が良くて、勇猛な感じ?

カパさんは、白くて、大きくて、ゆったりして、どっしりして、優雅な感じ。

カパさんはいつもアーユルヴェーダの古典で、優雅とか長寿とか富があるとか、贔屓されます笑

 

 

 

 

こころの消化力

心の健康

精神は、手足や内臓と同じような身体の器官の一部です。

精神は朝に目が覚めてから夜眠るまで、行動や五感からの感覚によって、絶え間なく情報を受けいれています。

受け入れた情報を、精神がどのように処理するかによって、こころの健康状態がつくられます。

 

こころが病気になるのは、

悪い情報が入ってきたとき

そんなに悪い情報ではないのに、入ってきた情報が消化しきれなくて未消化でくすぶってしまったとき

の二つのパターンがあります。

 

例えばPTSD心的外傷後ストレス障害)になってしまうような、大きな災害に合ってしまったとか、交通事故に出合ってしまったとか、暴力を受けたとか、極端な出来事に見舞われるのは、悪い情報が入ってきてしまったということになります。

あまりに極端な刺激的な情報は、精神が消化しきれず、こころの未消化物を生みます。

その未消化なものが、精神の通り道を詰まらせたり、滞らせたりして、

こころの性質が悪くなり、こころの病気をおこします。

 

ところが、平凡な通常の毎日で起こる出来事の刺激でも、情報を消化しきれず、こころに未消化物を生み、精神の通り道をよごすことがあります。

たとえば、SNSで同じ情報をみた2人の人がいたとき、一人は内容に怒りや不快感を感じたのに対して、

もう一人はふ~ん、そうなんだ~と、軽くイイネ!を押したりします。

同じ情報を見たのに、それぞれの人で、こころに生まれたものは違います。

平凡な刺激をどのように捉えるかによって、こころで起こる出来事が異なり、それぞれのこころの性質が表面に現れてきます。

 

こころは五感と直結しているので、五感でうけとったものが、こころを生みだします。

こころが乱れやすいと感じている人は、自分のまわりの環境を、心地よくて優しいものにしておくと、こころに起伏が起きず、未消化物を生みにくくなります。

着るものや、使う雑貨、インテリアなども、刺激が少なく優しいものにします。

刺激が強すぎる色やデザインや、音や、匂いなどは避けます。

ごちゃごちゃした環境も、落ち着かないので片付けます。

また、汚れたり、腐ったり、壊れたりしたものも避けます。

 

 

要注意なのは、テレビや雑誌やインターネットなどで無意識に入ってくる情報です。

たとえばテレビショッピングで、すぐに必要ではない便利グッズを欲しくなったり、持っていないとダメな気がして焦ったりしたことはありませんか?

こころに未消化物がたまっているときに、何気ない平凡な情報が入ってきたとき、

知らず知らずのうちに、正しい判断を狂わせるようなことが起こります。

また、知らなければ起きなかった不安や心配や焦りを生むこともあります。

心に未消化物が無く、精神の通り道がきれいな状態で、正しい知識や判断力があれば、

もし何気ない情報が入ってきても、正しく消化して、自分にとって有益か無益なのかを

正しく判断できるので、迷わされたり間違った方向に惑わされることはありません。

 

そして何より、肉体的に健康であれば、精神が情報を消化する力も強くなります。

こころを良くするために、身体の健康は欠かせません。

こころの病気も、身体の病気も、身体の消化力を高めるために、

正しい食べ方や生活の過ごし方を身につけると、身体が健康になり、こころも丈夫になります。

 

身体の消化力を高めると、こころの消化力も強くなります。

アーユルヴェーダ的な一日の過ごし方消化力を高めるセルフケア

ぜひ一つでも取り入れてみてくださいね。

 

 

広告を非表示にする