読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayurveda salon Kaumudi(カウムディー)のブログ

アーユルヴェーダトリートメントとカウンセリングのサロン、Kaumudi(カウムディー)のブログです。ホームページはこちらhttp://salonkaumudi.wixsite.com/tsukiakari

こころの鎮静とシローダーラ

シローダーラ

シローダーラは、アーユルヴェーダという言葉をあまり聞いたことが無い人でも、

アーユルヴェーダって、おでこにオイルを垂らす、あれだよね」

というくらい、認知度が高いトリートメントではないでしょうか。

 

 

アーユルヴェーダのトリートメントは、単なるリラクゼーションマッサージとは異なり、本場インドでは、健康の維持増進、病気の治療のための医療として位置づけられています。

シローダーラは、インドではうつ病の治療としても用いられるほど、精神の不調に効果があるトリートメントです。

人肌に温めたオイルを、額から途切れなく流し続けるシローダーラは、

「脳のトリートメント」と形容されることもあります。

 

 

アーユルヴェーダでは、身体の中でも「鎖骨から上」の部分は、機能が若々しく保たれるよう、「鎖骨上の専門分野」として特別にピックアップされています。

鎖骨から上の部分には、目、鼻、耳、口(舌)、皮膚という、人間の五感が勢ぞろいしています。

五感から感じ取ったものは、こころに直結します。

感じ取ったものが、心地よいものであれば、こころもポジティブに動き、

逆に不快なものであれば、ネガティブなこころが生まれます。

 

たとえばもしも、不快な悪口や怒鳴り声を聞いてしまったら、嫌な気持ちになり、不安や恐怖を感じるかもしれません。

でも、優しい声で美しい感謝の言葉を聞いたら、幸せな嬉しい気持ちが生まれます。

 

かわいい子猫をみると、こころが穏やかに優しい気持ちになります。

ごみが沢山流れ着いた海岸を見たら、悲しい気持ちになるでしょう。

 

見るもの、聞くもの、匂い、味、肌触り・・・。

五感からどのような感覚をとらえるかは、こころがポジティブになるか、ネガティブになるかという、こころの健康と深くつながっています。

 

 

五感は、使いすぎることも、あまりに刺激が少ないことも、間違った刺激が来ることも、健康にとって良くない。といわれます。

 

また、同じ人が全く同じ音を、別のタイミングで聞いたとして、

その人の体質によって、栄養状態によって、睡眠時間によって、疲れ具合によっても、

聞こえかたが違って来たりもします。

この前はとても良いものに聞こえたのに、今日はあまり心地よく感じられない。

そんなことも起こります。

 

それは、五感を使いすぎて感覚が疲れてしまっていたり、

栄養状態が良くないために五感の調子が悪かったり、

感覚器官が繊細に過敏になりすぎていたりして、

色々な刺激に対して、耐える力が弱くなっているのかもしれません。

 

 

シローダーラは、オイルをたっぷりと使って、脳を洗い流してしまうようなイメージのトリートメントです。

 頭部は感覚器官の中枢でもありますので、頭へオイルの心地よいトリートメントをすると、全身の感覚器官の鎮静になります。

 

不安や心配や、イライラや悲しさなどの、ネガティブな感情は、

なぜか絶え間なく反芻して、雪だるまのように大きくなってしまいがちです。

シローダーラは、眠る直前のような瞑想状態を作り出してくれるトリートメントでもありますので、

ぐるぐるめぐる思考を、いったんリセットし、スッキリ落ち着いた思考を取り戻すことができます。

 

また、オイルは感覚器官に抵抗力をつけ、強くしてくれます。

繊細すぎる五感の過敏さをやわらげて、ちょっとした刺激には負けない力をつけてくれます。

 

こころが乱れてしまいがちなとき、

精神的に不安定なとき、

もしかしたら「五感」の調子が悪くて、こころに影響を与えているのかもしれません。

心の鎮静療法として、シローダーラはとってもおすすめです。 

 

 

こころを整えるアーユルヴェーダ

アーユルヴェーダサロン カウムディー

 

3月5日(日)ハッピー体質診断セミナーのお知らせ♪

お知らせ

久々の、おうちアーユルヴェーダ勉強会のお知らせです♪

☆内容 「ハッピー体質診断セミナー」~アーユルヴェーダの体質診断と、体質別セルフケア~

☆日時 3月5日(日) 13:30~15:30

☆場所 アーユルヴェーダサロン カウムディー(東急目黒線 武蔵小山駅7分)

☆定員 5名様

☆参加費 2000円

☆お申し込み

 こちらのリンク(アーユルヴェーダサロン カウムディー お問い合わせフォーム)より、件名に「3月5日ハッピー体質診断会」とご記入の上、お名前・ご連絡先を入力して送信ください。24時間以内にご返信いたします。

*万が一、当方より折り返しの連絡が無い場合、迷惑メールフォルダー等に振り分けられている可能性がありますので、ご確認くださいますようお願いいたします。また、facebookのサロンページよりメッセージをお送りいたけますと助かります。

  

アーユルヴェーダの体質診断で、あなたの性格、才能、素質を知りましょう♪

生まれ持った体質は、一人ひとり違います。

育った環境や、現在置かれている環境で、現在あらわれている体質も違ってきます。

痩せている、太っている、乾燥肌、体力がある、良く食べる、良くしゃべる、良く眠る…。

怒りっぽい、のんき、勇気がある、頭がいい、落ち着きがある、あわてんぼう。

身体の特徴や性格は、体質の表れです。

そして、体質は改善できるのですよ!!

あなたの体質を生かし、アーユルヴェーダで元気に幸せになる方法をお伝えします♪

 

************

 

私がアーユルヴェーダを知って救われたことの一つが、「体質」についての考え方です。

なぜ私の身体はこうなのか?

こんな性格もう嫌だー。

なんであの人いっつもああなのかしら(怒)

 

見た目の肉体に不満を持ち、性格も嫌になったり、他の人を見てはあの人はこうだああだと考えてみては、堂々巡り。

結局どうしたらいいのか?という、具体策が無かったのです。

「体質」という考え方は、体質が困ったことをしたときに、何をしたらいいのか具体的に教えてくれます。

生まれ持った体質は、自分の素質。扱い次第で良くも悪くもなります。

自分だけが持って生まれた素質を、才能として伸ばしていけたらとてもハッピー♪

 

アーユルヴェーダは幸せの医学。みんなで自分の体質を知って、幸せになりましょう!

皆様にお会いできるのを楽しみにしております^^

 

 

 

 

 

月明りと鎮静療法

シローダーラ

サロンの名前の「カウムディ」には、月光、月明り、さわやかで冷たい月の光、という意味があります。

月は占星術で精神や情緒をあらわし、やさしさ、思いやり、繊細さ、穏やかさ、母性、平和や心の変化といった意味を持ちます。

月が好きで、カウムディーという響きが好きでつけたサロンの名前です。

心の平安や鎮静をテーマにしていこうと方向が決まったとき、サロンの名前とテーマが一致していて、本当によかったなーと思いました。

 

月明り、とくに中秋の名月のころの月光は、夏の暑さでピッタが増えた身体を鎮静させてくれるといわれています。

静かに月明りを眺め、月の光を一晩当てた水を飲むことが、目の充血や身体の灼熱感、こころのイライラを取り除く処方になります。

まるでおなまじないのように感じますが、一晩月光にあてた水は、何とも言えない冷んやりとした、静かな美味しい水になります。

 

心を鎮静させるのには、静けさが必要です。

シローダーラは正に鎮静です。

忙しく混乱した心や、悲しさや不安で浮足立つ心、焦りやイライラ、そういった心の乱れを、静かなシローダーラの時間が否応なく鎮静してくれます。

 

月明りを眺めたときのように、心を鎮静させるシローダーラ。

沢山のオイルが、痛みや辛さを洗い流してくれるようです。

不思議な心穏やかさをぜひ一度、経験してみてください。

 

 

リンク : アーユルヴェーダサロン カウムディー

 

広告を非表示にする

病名が付かない不調は、どうしたらいいのか

アーユルヴェーダについて 心の健康

アーユルヴェーダの目的は、

健康な人の健康を守り、病人の病気を鎮静すること

です。

 

健康な人はさらに健康になり、時間の流れで起こる老化を遅らせます。

病人はアーユルヴェーダによって、治療を行います。

 

「病」にも定義があります。それは、

本人が苦痛だと感じていること

です。

 

病は、

・事故など偶然に起きてしまうもの、

・食べ方や飲み方を間違ったために起きるもの、

・精神的なものから生じるもの、

・歳をとることや空腹、のどの渇きなど自然に起こるもの、

の4種類に分けられています。

 

どんなことでも、本人が苦痛を感じていれば、それは「病」で、

アーユルヴェーダでは治療をするべきものになります。

 

 

現代の医学では、不調を感じて病院へ行き、検査をしても原因不明であれば、

病名がつきません。

不定愁訴、のような形で様子を見てくださいね、といわれてしまうことが多いです。

それでも本人が苦痛を感じているなら、アーユルヴェーダでは何かできることがあります。

 

アーユルヴェーダでは、その人が訴える「症状」を大切にします。

痛いのか?痒いのか?熱いのか?怠いのか?

身体の中で、どのような要素が増えすぎて、症状を起こしているのかを推測していきます。

そして、食べ物や飲み物、生活の過ごし方などが影響して、バランスの偏りが無いかを探していきます。

 

病名がわからなくても、症状を抑えたり、根本的に症状を起こしているものを取り除いたりできれば、苦痛が無くなります。

 

まずは、身体のどの部分に、どんな苦痛が、どんなタイミングで、いつから、どのくらいの時間続いていて、何をしたら軽減し、何をしたら苦痛が増して、見た目はどのようで・・・というような「症状」にまつわる色々なことを、思い出してみるとよいです。

自分に何が起こっているか、よーく観察して言葉にしてみるのが、とっても役に立ちます。

 

そのなかに、ひとつでも「これは怪しいな、症状に関係しているかもしれないな」というものが見つかれば、それを取り除いたり、できるだけ遠ざかってみる。

たったひとつの「原因かもしれない疑わしいこと」だけでも、取り除いてみると、体調が改善したり、ひどくならないことがありますよ。

 

それでも、気になる症状があるときは、まず一度は病院で調べてもらうことが、最初は大切です。

大きな病気が隠れていないか、自己流で判断してしまうのはとっても危険。

それでも原因がわからない、不調が治らない、というとき、

自分ではよい方法がわからない、というとき、

そんなときはどうぞ、サロンへご相談に来てくださいね。

 

 

アーユルヴェーダサロン カウムディー

 

 

「糖質制限」についての考え方

その他 心の健康

最近ブームの糖質制限食。

ローカーボ、断糖、なんていう表現もあります。

文字通り、食事から糖質を減らす食事療法です。

これについて、良し悪しが議論されることがあります。

基本的には、私自身は糖質制限に肯定的です。

ただ、周りで実践したものの、良い感触を得られない・体調を崩す、という声も聴きました。

糖質制限は、単純に糖分や炭水化物を減らすだけの食事法ではありません。

 

様々な健康法で、耳触りの良い都合のよい一部分だけを切り取って、実施したものの失敗し、その方法が間違っていた、と弾劾されてしまう場合があります。

糖質制限なら、炭水化物を抜いてみたけど体調を崩した、

アーユルヴェーダなら、はちみつで痩せると聞いたのに全然変化が無い、

うつになり、内観のため瞑想しているが一向に良くなる気配が無い。

どんなことでも、部分だけではなく、その理論や全体像をきちんと理解したうえで、実践する必要があります。

それをせず、期待した効果が得られなくて、失敗して文句を言うのは違うと思うのです。

文句だけなら良いのですが、間違った方法で体調を崩しては、本末転倒。

せっかくのそれらの理論が理解されず、悪者にされてしまうのは本当に悲しいことです。

 

 

糖質制限で言えば、実際に一日に、どれくらいの糖質量を摂取しているのかを知り、

その摂取量が過剰であり、かつ糖質が過剰なために心身に症状がある場合、

もちろん糖質制限をする必要があります。

毎日ラーメンライスの昼食を取り、メタボを発症しているのなら、糖質制限という言葉を知らなくても、炭水化物を減らそうという選択をするはずです。

 

また、何を目的に糖質制限をするのかによっても違います。

病気を治療するため、とくに精神疾患やがんなど目的をもって治療するのなら、

その人の消化力に見合った、かつATPをきちんと産生できるような、

場合によってはビタミンやミネラルやアミノ酸などのサプリメントを使用しながら実施されることもあります。

 

健康管理のため、将来の生活習慣病予防のため、肥満気味を改善したいためなど、基本的に健康な人が、健康管理のために実践する糖質制限であれば、あまり極端な制限をせずとも、期待する効果を得られやすかったりもします。

 

 

糖質制限は、砂糖がたくさん入ったものや炭水化物(お米やパンや麺など)に偏った食事を続けていることが、メンタルや身体の不調と関係している人にとって、とても即効性のある効果的な食事法です。

ただ、正しく適切に実施しないと、身体を壊します。

 

単純に、糖質制限は悪い、良いということではなく、

目的に沿って、正しい知識で、適切な方法で、

実施していただければいいなーと思うのです。

 

アーユルヴェーダでこころは強くなる

アーユルヴェーダについて シローダーラ 心の健康

アーユルヴェーダサロン カウムディーでは、こころのケアに力を入れています。

 

身体がいたい、つらいというときにマッサージ屋さんへ行き、楽になった。

こういう体験は、多くの人があると思います。

 

では、心が辛い時は、どうしていますか?

 

********

 

心がつらいという問題に対しては、代謝障害と栄養素の不足を改善させることが必須です。

 

心の不調は、生まれながらの性格や気質、育ってきた環境や、今おかれている環境だけが問題になるのではなく、

身体の代謝機能が正常に機能しているか』、ということが重要です。

 

それを置き去りにしたままでは、いくら良い生活環境を整え、心理学に詳しくなったとしても、こころの過剰な繊細さは改善することはありません。

少しのストレスがかかると、こころはまた辛くなるのです。

 

 

アーユルヴェーダでは、「消化力」をとても大切にします。

消化力は、身体の中で有益なものと無益なものとを、判別する力です。

食べものが胃腸で消化されて、不要なものが便になって出ていく、ということだけではなく、

全身で24時間、細胞レベルで起きている、代謝の力のことも含まれています。

 

肉体の消化力を正せば、 必ずこころも良くなります。

アーユルヴェーダでは、こころ(精神)も、物質として全身をめぐっていると考えます。

消化力が正しければ、身体にとって有益なものだけが分別され、こころの物質も正しく作り出されます。

食べたものが筋肉や骨を作り出すように、食べたもので精神も作り出されます。

 

 

でも、どんなに良いものを食べたとしても、丁度良い消化力を身体が持っていなければ、よい精神ができません。

サンマ一匹を、マッチ一本の火では焼くことはできません。

サンマが焼けるくらいの、丁度良いコンロの火が必要です。

キャンプファイヤ―みたいに大きな火でもダメ。サンマが丸焦げです。

 

 

アーユルヴェーダでは、消化力を正すためにする、毎日の過ごし方・季節の過ごし方が決められています。

起床や就寝、身だしなみ、食べ物、沐浴、運動、お昼寝、お酒から性生活に至るまで、生活習慣の正しい作り方が紹介されているのですよ。

 

でも、こころが弱ってからだもフラフラのとき、本当に何もできない時、

アーユルヴェーダの施術が助けてくれます。

施術で力を取り戻した心とからだで、ねっこから体を強くする、消化力を高める生活の過ごし方に取り組むことができます。

 

 

アーユルヴェーダで心は強くなります。

こころをもっと強く元気にしたいとき、アーユルヴェーダが助けてくれますよ。

 

ayurvedalovers.hatenadiary.jp

 

じぶんの体質に何があっているのかわからないとき。

生活法

アーユルヴェーダでは、ヴァータ(風)、ピッタ(火)、カパ(水)という、3種類の要素を使って体質を考えます。

どんな人も、必ずこの3つの要素が混ざり合って、体質を作っています。

生まれながらの体質は、親から引き継いだもの。基本的な性質は変わることはありません。

でも、育った環境や、現在置かれている環境で、3つの要素が増えたり減ったりして、体調や精神状態に影響を与えます。

 

ヴァータ、ピッタ、カパが一体何なのか?がわからなくても、自分の「今」の体質を見極めて、対処することはできます。

 

たとえば。

冬になると、毎年足のスネが乾燥して粉を吹いたようになる。

という状況があります。

このとき、自分の状態を簡単に単語で表すと、どんな風でしょう?

「乾燥」「カサカサ」

が、しっくりくるのではないでしょうか。

 

では、この状態を改善したいとき、ボディクリームを塗ろう、と思います。

これは、

「潤い」「しっとり」

の状態です。

 

「乾燥、カサカサ」の反対にいる、「潤い、しっとり」を身体に与えたわけです。

 

こんなふうに、何かの状態が過剰になりすぎて、体調が乱れたとき、

過剰になっている状態の反対の状態のものを与える、ということをしていきます。

 

ヴァータの「乾性」という属性に対して、カパやピッタの「油性」を与えるという方法です。

 

 

また、もう一つの手段としては、「乾燥、カサカサ」の原因を作っているものを取り除く、ということをします。

 

冬になって、湿度が下がり、空気全体が乾燥します。

また、暖房を使い、もっと空気は乾燥します。

厚手のタイツを履いて、皮膚にこすれる刺激が加わります。

 

冬になることは避けられませんので、加湿器を使うなど湿度を上げる工夫をします。

タイツが化学繊維のもので刺激が強ければ、皮膚と親和性のある絹や天然繊維のものを使用します。

 

これは、原因を停止させるという方法です。

 

更には、冬は乾燥する、ということは四季の移り変わりの中で必ず起こることですので、

冬の乾燥に備えて、冬になる前から身体の内側から油質が不足しないように食事内容に気を付けておくことができます。

 

これは、「カサカサ」した食感のもの、「乾燥」している食事を避け、

「しっとり」「油分のある」食事を摂るということです。

 

トーストしただけのパンではカサカサですが、バターを塗るとしっとりします。

それよりも、炊き立てのご飯のほうが、しっとりしています。

 

これは、「足のスネがかさかさする」ということが起きる前からの予防にもなりますし、体質そのものを根本的に改善させる方法です。

 

 

カサカサや乾燥だけではなく、

例えば春になって「重い」がある人は、反対に「軽い」を意識し、

夏や秋に「灼熱感」がある人は、「冷性」を意識する、という風になります。

 

季節だけではなく、今頭痛がするとしたら、

頭を触って熱くて不快か、冷たくてつらいか、

それだけでも頭は冷やすべきか、ニット帽をかぶるべきかがわかります。

 

忙しくてイライラするとしたら、静かなところでゆっくり深呼吸して、クールダウンです。

怠くてぼんやりするとしたら、運動してからだを目覚めさせます。

 

 

自分がいま、どんな状態で、どんな性質になっているか、簡単に言うとどんな感じかな??と気を向けてみて、ちょこちょこと修正をかけていくと、大きな不調にはならずに済みますよ。