読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayurveda salon Kaumudi(カウムディー)のブログ

アーユルヴェーダトリートメントとカウンセリングのサロン、Kaumudi(カウムディー)のブログです。ホームページはこちらhttp://salonkaumudi.wixsite.com/tsukiakari

情緒不安定と食べかた①

食事法 情緒不安定と食べ方

私はこれまでに散々、情緒不安定で悩んできました!

記憶にあるのは、幼稚園くらいからです。

幼稚園児時代から、ウツです。

もちろん、小学校も中学校も高校も看護学校時代も就職してからも、慢性的に情緒不安定がベースにありました。

それが通常なので、元気って何なのかがわからない、という笑えない状態でした。

 

それがもし、食べ物に影響されてきたことで、食べ物で良くなっちゃったとしたら・・・!?

 

***

 

情緒不安定って、例えばこんな事です。

 

些細なことで落ち込む、しかも落ち込み方が長くて数カ月~数年もずっと引きずる

人よりも自分が劣っていると思って過剰に引っ込み思案

意見を言おうとしてなぜか涙ぐむ

過剰に緊張する

嫌われてると思い込んで悲しくなるか、怒りが湧く

いつもだるい、早く帰りたい

人間関係で損な役まわりになる、と思って人付き合いがツラい

周りに合わせようとして集団行動が疲れる

生理前に異常にウツになったりイライラしたりする

・・・等々。

 

劣等感、罪悪感、疑い、怒り、そんなネガティブ感情が、理由もなく何故か根底にずーっとある。

どんな場面でも力が抜けなくて、過緊張。

そんな状態です。

疲れちゃいますよね!!

 

性格の問題、それもあるかもしれません。

成育歴の問題、それもあるかもしれません。

でも、原因をたどっても、あまりよくわかりませんし、解決に結びつきにくい。

 

上の症状は、全部私の過去の状態です。

でも現在では、ほぼ無くなりました。

「ほぼ」っていうのは、もちろん全部消えたわけじゃないからです。

だって、上の症状は、誰でもみんな少しは体験があるというか、感情ですよね。

それが、極端に強すぎて困っている人達がいます。かつての私のように。

 

私の場合、実はアスペルガー症候群という発達障害が基盤にありました。

でも、そうじゃなくても定型発達の人(=発達障害じゃない人)にも起こりうることです。

 

どんなときかというと、「慢性的な低血糖症候群」。糖代謝異常です。

代謝異常、要はアグニの問題です。

 

②へ続く。