ayurveda salon Kaumudi(カウムディー)のブログ

アーユルヴェーダトリートメントとカウンセリングのサロン、Kaumudi(カウムディー)のブログです。ホームページはこちらhttp://salonkaumudi.wixsite.com/tsukiakari

情緒不安定と食べ方④~何をどのように食べるのか

心の状態を良くする食べ方には、「何を食べるのか」と「どのように食べるのか」の両方に気を使う必要があります。

 

短絡的に、「食べるものを変えよう」ということだけでなく、「私の食事をこのように食べよう」ということです。

 

食事の内容として、とても大切なことは、「あ~おいしかった、満足♡」という気持ちです。

 

食事で満足するためには、

 

安心の素材で、

作りたてで、

ほかほか温かく、

食べなれた献立の、

愛情がたっぷり込められた、

美味しい料理を食べる

 

ことが大切です。

 

そのほか、

 

どんな場所で、

誰と、

どんな気持ちで、

どんな雰囲気で食べるのか?

あなたの体調はどうなのか?

 

いろんな要因が絡んでくるのです!

 

 

想像してみましょう。

 

とっても美味しそうなフレンチ料理のフルコース。

あなたはかつ丼とケーキを食べた直後。

フレンチ料理には満足できないでしょう。というか、食欲がわかないでしょう。

 

とっても美味しそうなフレンチ料理のフルコース。

薄暗く埃とゴミに囲まれた、汚れた部屋の床に並べられている。

幸せ激減です。

 

とっても美味しそうなフレンチ料理のフルコース。

目の前に意地悪な上司と嫌味な取引先、隣に不機嫌な同僚。

嫌な雰囲気ですね。胃が痛くなりそうです。

 

 

美味しく良い料理を身体に取り入れることは、良い身体と心をつくるのに欠かせません。でも、それだけでは足りないのです。

食事は、身体が喜んで消化してくれるような、心の状態でたべなくちゃ。

 

続く。