読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayurveda salon Kaumudi(カウムディー)のブログ

アーユルヴェーダトリートメントとカウンセリングのサロン、Kaumudi(カウムディー)のブログです。ホームページはこちらhttp://salonkaumudi.wixsite.com/tsukiakari

情緒不安定と食べ方⑤~日常の具体策

情緒不安定と食べ方

慢性的な低血糖で起こる情緒不安定は、

 

糖質に偏った飲食物(ラーメンライスとか、パンと野菜ジュースとか、おにぎりのみとか)

食事の量が足りなすぎる(たくさん食べられない、一日一食など)

タンパク質と脂質が不足している(菜食の人は気を付けないと陥りがち)

作って時間がたっている食事(コンビニ弁当やレトルト食品、冷凍食品など)、

カフェインや濃い調味料など刺激が強すぎる、(栄養素の吸収障害や不均衡を起こす)

食べ合わせや食べる量、食べる時間帯の問題で消化不良をおこしている

 

などの食べ方が、慢性的に続いていると起こりがちです。

 

 

具体的に実践するときに優先順位が高いのは、

 

お米、パン、麺などの炭水化物を摂らないか、ごく少量にする

甘いお菓子、スナック菓子、砂糖の入っている飲み物を避ける

肉魚卵、大豆製品などのタンパク質を食事のメインとして、毎食食べる

加熱されたり古くなって酸化していない、新しい良質な脂質を十分にとる(毎食大さじ1杯以上はとるようにする)

作りたてか、その日に調理されたものを、なるべく温かい状態にして食べる

カフェインのとりすぎを避ける

飲み物のメインをお白湯で摂る

 

といったことがあげられます。

 

続く。