読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayurveda salon Kaumudi(カウムディー)のブログ

アーユルヴェーダトリートメントとカウンセリングのサロン、Kaumudi(カウムディー)のブログです。ホームページはこちらhttp://salonkaumudi.wixsite.com/tsukiakari

勉強の始まり

アーユルヴェーダは、5000年以上も前に書き残された古典が、全ての基になっています。

その古典は、諸説ありますが神が聖者におろしたものを書き留めたもの、と言われています。

人間にわかるはずのないような、考えて作成することなどできないような、矛盾のない理論が展開されています。

 

 

アーユルヴェーダの古典は、美しい詩のように読めるものや、具体的に症状や薬草が書き連ねてある部分や、問答のようになっている部分などがあります。

 

読めばわかるというものではなく、やはりその古典に精通した師に教えていただかなければ、本来の深い意味が理解できないようになっています。

 

そうやって、アーユルヴェーダの純粋な知識は、簡単には理解できないようにできているのだそうです。

 

アーユルヴェーダの古典には、学び方についても触れられています。

 

まず初めにすることは、アーユルヴェーダで言われている一日の過ごし方を、一つ一つ実践していくことです。

 

理屈抜きに、教えられたとおりにやってみること。

そして、体感すること。

 

その後に、「なぜ身体にこんなことが起こったの?」という疑問を、矛盾なく教えてくれる、生理学や病理学がはじまります。

 

***

 

何かを学ぶときには、良い師が必要です。

教わる弟子も、良い弟子になる必要があります。

 

ひとつのことを、ひとつの単純な側面からだけではなく、多方向から分析することができ、分かる言葉でそれを翻訳してくれる師。

体験と経験があり、清らかで本質を知り尽くした師。

 

アーユルヴェーダの古典には、弟子は、そのような師匠に対して、炎のように神のように、

王のように父のように主のように注意深く仕えなさい、とあります。

 

尊敬でき信頼できる師匠に出会い、学べることに感謝です。

 

 

********

 

私にアーユルヴェーダや、人生の大切なことを教えて下さりお世話になっている、師と場のご紹介リンクです。

 

 

日本アーユルヴェーダスクール  http://www.ayv-school.com/

医療法人社団KYG医療会ハタイクリニック http://www.hatai-clinic.com/

安藤るみ子アーユルヴェーダスクール  http://www.rumiko-ayurveda.com/

吉濱ツトム公式ウェブサイト   http://yoshihama-tsutomu.com/

beauty labo  a.s.s.a                      http://nikeedha.wix.com/infoassalabo

 

 

広告を非表示にする