ayurveda salon Kaumudi(カウムディー)のブログ

アーユルヴェーダトリートメントとカウンセリングのサロン、Kaumudi(カウムディー)のブログです。ホームページはこちらhttp://salonkaumudi.wixsite.com/tsukiakari

ヴァータの悪化、ってヴァータのイメージが良くない気がするけれど。

「ヴァータの悪化」ってヴァータが悪者みたいに言うけれど。

あの人、ヴァ―タだから~って残念な感じになってしまうけれど。

ヴァータは悪者なのか。

 

ヴァータとは。

高齢者、明け方と夕方、食後数時間後から空腹を感じるまでの間。

 

ヴァータとは。

乾燥している、軽い、冷たい、微細なもの、移動する、澄んでいる、粗い。

 

ヴァータとは。

大腸あたり、腰、太もも、耳、骨、触覚

 

正常な、正しいヴァータは、

熱意がある・・・すぐにでもやりたい!出かけよう!という気持ちのような。

吸気と呼気・・・呼吸の動き。

動き全般・・・ヴァータが無いと微動だにしません、というか動けません。

自然の衝動・・・排尿排便、くしゃみ、あくび、涙、のどの渇きなど、生理的な衝動。

身体の材料を運ぶ・・・身体の隅々まで、間違えずに「輸送」します。変なところに運ばれたら大変。

感覚器官を鋭敏に・・・感覚器官から得た情報、とくに触覚や聴覚から受容しています。

 

ヴァータ大切。

でも、ヴァータは空と風から出来ています。

軽くて、冷たくて、拡散していくし、動き回るし、不安定です。

周りが寒いとか、周りが忙しそうだとか、周りの環境に影響を受けて自分までそうなってしまします。

ヴァータは「乱れやすい」「悪化しやすい」のです。

むしろ、気を付けてケアしていないと、勝手に身体の中で増えて悪化します。

 

すると、どうなるか。

<ヴァータが増えたときに起こること~こうなってきたら、あなたにヴァータが増えている~>

衰弱する

色黒になる

温まりたい

震える、振動させる←貧乏ゆすり的な

お腹が張る

便秘

体力が無くなる

眠れない、ぐっすり寝た気がしない

良く聞こえない、良く見えない、味がわからない、触覚が鈍いなど感覚器の衰え(高齢者などそうですね)

おしゃべりが過剰になる。しかも内容が伴わなかったりする。

精神的にもろくなる

 

アッ!と思った方。

さらに、身体に起こる典型的な症状としては

「痛み」です。針で刺すような、割れるような、打撃を受けたような痛み。

けいれんする、ぴくぴくする、固まる、なんていうのもよくある症状です。

 

いつも肩こり、いつも目がぴくぴくしちゃう、ぎっくり腰なんていうのもヴァータの仕業です。

 

ヴァータは悪者じゃありません。

ただ、ふわふわ不安定なので、そして軽くて影響を受けやすいので、増えやすいんです。

どうかケアしてあげてください。

対策は、つづく。