読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayurveda salon Kaumudi(カウムディー)のブログ

アーユルヴェーダトリートメントとカウンセリングのサロン、Kaumudi(カウムディー)のブログです。ホームページはこちらhttp://salonkaumudi.wixsite.com/tsukiakari

「とにかく背中を触ってほしい」

背中ケア、どうしていますか?

私自身、背骨のゆがみがあり、腰も痛くなりやすく肩も凝りやすい。

背中ケアには苦労しています。

 

アーユルヴェーダのトリートメントを始めて、結構な数のお客様から、

とにかく背中を触ってほしい

背中が辛い

という声を聴きました。

 

そこで、新しくコースをつくりました!

「とにかく背中コース」(笑)

ネーミングはちょっと~~かもしれませんが、とにかく背中、なのです。

 

******

 

背中にあるものといえば、中央に走る「背骨」。

背骨は身体の軸であり、本来は首から尾骨まで、後ろから見ればまっすぐに、横から見ると滑らかなS字カーブを描いて伸びているものです。

一本の骨ではなくて、平べったくて少し複雑な形の骨が、パズルみたいに積みあがっていて、その一つ一つは「関節」です。

背骨は、全部で26個。背骨の真ん中には骨髄があり、脳からつながる神経の束が、背骨に守られるようにして走っています。

背骨の関節の隙間からは、全身のすみずみまでいきわたる神経が伸びていきます。

 

背骨って、とっても大切。

背骨がゆがむと、中心軸がずれてしまいますから、その歪みを修正しようとして、骨盤がゆがんだり、足の長さが違ってきたり、首を曲げたりしてなんとかしてバランスをとろうとします。

その結果、筋肉が緊張したり、骨や関節に変形が起こったり、あちこち痛みが出てきたりします。

 

背骨は神経の通り道でもありますから、歪みがあると自律神経の乱れにつながったり、しびれが出たり、全身の運動神経と感覚神経に影響があります。

 

アーユルヴェーダでは、オイルを使って皮膚表面から骨髄まで、オイルを浸透させます。

オイルは皮膚に塗ってから4分45秒で骨髄まで浸透する、とアーユルヴェーダの古典では言われています。

骨髄にごま油がしみ込むのではなくて、オイル(薬用オイルであればその薬草の性質も)の持つ属性・性質が、皮膚から血清、血液組織、筋肉組織、脂肪…と、アーユルヴェーダで言われる代謝の順を経て、身体の深部にある骨髄の組織まで染み渡る、ということです。

背中の皮膚表面にオイルを塗ることで、背中の皮膚、血液組織、筋肉、骨、骨髄や神経組織のすべてにオイルが染み渡ります。

つまり、安定していて、油質で、しっとりとしていて、滑らかで、柔らかく、抗酸化力を持つ、オイルを塗る前よりも若返った強い身体になります。

 

そして、背中を触られるのって、とても気持ちが良いのですよね。

身体の中でも平らで広い面が多く、皮膚は身体の他の部位と比べて厚めですので、ガルシャナのような少しザラザラとした摩擦の、刺激のあるマッサージがとても気持ちよく感じられます。

背骨に沿ってガルシャナをすると、身体の中心が、「通ったー!」という感覚があります。

ガルシャナの後に塗るオイルは、更に浸透が良くなり、背中や肩の筋肉がオイルで柔らかく緩むと、窮屈に締め付けられた背骨や肩甲骨まわりも緩み、首のこりや頭痛も楽になったりします。

 

乾燥した木の枝はポキっと簡単に折れてしまいますが、油をしっかりしみ込ませた木の枝は、しなりに強くなり、つやつやして丈夫になります。

そのように、人の皮膚や筋肉や骨や臓器も、良い油質でしっとりさせておきたいのです。

 

*****

 

全身オイルマッサージも気持ちよいのですけれど、どうしても一人ではできないのが

「背中マッサージ」。自分が好きなトリートメントを盛り込んだ(笑)コースができました。

背中を緩めるマッサージは至福のひとときです。

背骨から整えたい方、自律神経の不調に悩む方、とにかく疲れた方も、

「とにかく背中」コース、お試しくださいませ♪

 

******

 

【とにかく背中コース 施術時間50分 8000円 】*シャワー無しのコースです
(背中のガルシャナ、背中のアビヤンガ、ヘッドマッサージ、ホットストーン)
背中は自分ひとりでは、なかなかケアできない部分。だからこそ、疲れもたまり、辛くなりがちな部分です。
肩こり、首コリ、背中の痛みやはり、腰痛、頭痛、顔のたるみや疲れ目などにお悩みの方に。
仙骨~頭頂までの背面を、しっかりと、でも痛くなく、時間をかけて緩めるコースです。
受ける方はうつ伏せで寝ているだけでOKで、シャワーもありませんので、疲れがたまってどうしようもないときにもおすすめ。

 

アーユルヴェーダサロン カウムディー ホームページ